rico_log

バンクーバーより、夫と幼稚園に通う息子、猫との小さな暮らし

スポンサーリンク

母の日ギフトと、意外にも低い宅配ドライバーのコロナ感染リスク

スポンサーリンク

母の日のギフト、コロナで宅配が増えて大変な時なのですが、うーん。私は4月中に楽天で注文し送ってしまいました。ダメだったかな・・・宅配問題は長期戦で続いていく事だけど、日本では焦り出している人が多い今が宅配のピークだったのかなぁとちょっと反省しています。ネットスーパーやパルシステム、オイシックスなどは今後ずっと需要が上がり続けるし、宅配の仕事はなくならない(今の時点では)安定の職業。職業別の新型コロナウィルス感染リスク率、ドライバーさん達は意外と低い。この時期に不要不急の宅配を頼んでしまった自分を悔やみますが(汗)100ある職種中、以外にも宅配ドライバーは67位。日本は分からないけど、確かにこちらでは2メートルの社会的距離が取れるので安全なのかな。今は置き配(なんて言う言葉で出来てた!)なので。マンションのドアを触るというリスクはあるけど、人との接触は少ない。

 

職業別、covid-19感染リスクチャート。アメリカのデータ。

www.visualcapitalist.com

歯科衛生士の事は、もう聞かないで~!という感じです(汗)診療再開になった際の対策など、ただいま歯科医師会や衛生士会がガイドラインの製作中です。歯科の事に関してはまた後日・・・

 

また話題がコロナになっちゃった。母の日に選んだギフトなのですが。ほぼ毎年、ガーデニング好きな母のため、かわったクレマチスや紫陽花などの鉢植えを送っていました。去年は、廃盤になるギリギリで見つけた思い出のアント二ア フラワーズの香水。日本ではLazy Susanで販売していて、高校生の時に母と一緒に使っていたもの。自分用にも最後のひとつを買っていて、現在実家の冷蔵庫で待機中。香水は航空便で受け取れないので(って今はそもそも停止中かな?)実家に帰った時に持って帰ろうと思っていて。それは一体いつの事になるのかな・・・今は前回帰国した時に買ったものを使っています。今年の母の日のギフトは、彩雲堂の和菓子。もう30年も前の話なのですが、美味しい物好きの祖母がネットショッピングのない時代に、ここから初釜の花びら餅をお取り寄せしていて。若草(全部が求肥みたいな感じで、でも、とても甘い)の味も鮮明に覚えています。昔、ここから年越しそばも一緒に来ていた記憶があるのだけど、思い違いかな?他の所からだったのだろうか、出雲そば・・・小学生の頃、アボカドをわさび醤油で食べるのも、新鮮なマッシュルームを生でレモン醤油と少しのマヨネーズで食べるのを教わったのも祖母から。斬新~!と子供ながらに感じたのを覚えています。それから今でもずっとその食べ方。一緒にお出かけした時に、触っちゃダメと言われてぐにゅっと触ってしまって、果物屋さん(というのが昔あった、あれは千疋屋だったのかな)で買いたくもないフルーツを買って帰る羽目になった話とか、これも小学生の頃一緒に歌舞伎を見に行って、なぜかそこでゼリービーンズが美味しかった記憶とかが蘇る…味と香りの記憶ってすごい。歌舞伎に関しては、駅から会場の途中で裁判所か刑務所みたいな所を通らないといけなくて、それが子供ながらにすごい恐怖でした。門の所に守衛さんみたいな人が立っていて。あれは一体どこの何だったのだろうか?

 

 

母の日用の素敵な詰め合わせもあるのだけど、やっぱり懐かしい思い出の味のこちらを選びました。あー、ここの花びら餅が食べられる日は来るのだろうか。


 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村