rico_log

バンクーバーより、夫と幼稚園に通う息子、猫との小さな暮らし

スポンサーリンク

理想のワークライフバランスに近付いてきた?

スポンサーリンク

我が家のダリアと紫陽花、今年はこれが最後かな。写真を載せておこう。もっと白っぽい紫陽花を想像していたのですが、思ったより緑。失敗したなぁと思っていたけど、これが他の主役の花を引き立ててくれます(今回は主役、いないのですが・・・)
f:id:rico_log:20201008041649j:image

少し前のブーケのユーカリとウィンターベリーは寝室に持ってきました。よい香りで癒される~。
f:id:rico_log:20201011124456j:image

さてさて、理想のワークライフバランス。仕事は平日3日+土曜日で落ち着きそうです。コロナ前と夏後半は平日3日+土曜日月2回。しかし・・・通勤に片道1時間15分以上かかるため(息子の学童の送り迎えを含め)、どうしたものだろうと思っていました。結局、今までの職場2カ所とも平日は準備片付けを入れて8時半ー4時勤務でもよいと言ってくれて、まさかまさかの時短勤務!衛生士という職業柄、時短がありえない職種で・・・衛生士はクリーニングが業務なので、1人雇ったらもちろん8-9時間働いてもらわないと、クリニックとしても収入が下がるわけで・・・それも4時からは仕事帰りの人達のゴールデンタイム。引っ越したら家の近くで探そうと思っていたけど、2つとも働く環境が良過ぎて変えられない。コロナ対策も、患者さんの予約を15分―20分余計に取っていて、N95(私はKN95ですが)もしっかりしている。働くチームメートが皆よい人でポジティブ。特にひとつのクリニックでは、患者さんにも移民がいない(語弊があるといけないですが、歯科で働いている人ならわかってもらえると思います)ので、口腔状態がめちゃくちゃな人が突然やってきたり、自国での歯科の在り方とのギャップがあって、というような面倒が一切ないのです。新しい職場を一から、というかゼロから新しい土地で探し、それも家族優先で勤務時間に制約があるのでなかなか難しい。ふと、こんなに幸せな気持ちになれる今の職場をわざわざ去る必要があるのか?と思えてきて。遠距離通勤は大変と決めつけていたけど、コロナによって1日に診る患者数が少ない上時短勤務で、気持ちも体も負担が減ったように思います。土曜日は今までは面倒~!と思っていたけど、街に出るので昼休みや帰りの寄り道もひとつの楽しみでもあり。難関だった、夫婦二人とも勤務地が息子の学校から遠すぎる件は、今は夫が在宅で仕事ができるためクリア。コロナが落ち着いて、元のような働き方に戻る見込み目途は今の所立っていないので、よく考えたら今がいちばん理想のワークライフバランスに近いかもしれない。なんだか人生で大きな転機が来たような気がしています。今は週3で働いているのだけど、もうすぐ週4勤務へと移行。体調を整えて、前倒しの食事の準備に頭を使うので、今のうちにお助け冷凍ごはんの準備を始めておこう。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村