rico_log

バンクーバーより、夫と幼稚園に通う息子、猫との小さな暮らし

スポンサーリンク

我が家の玄関でのコロナ対策

スポンサーリンク

岡江久美子さんの訃報、とてもショックです。乳がん手術後に、2月半ばまで放射線治療を受けていたとこの事。若くて元気でも容体が急変する事がある新型コロナ、自分も家族も、誰にでも起こりうることなのは頭では分かっていても色々と難しい・・・

 

 

我が家の玄関事情なのですが。日本だと玄関があるので神経質になる必要はないと思うけど、北米は靴は脱ぐ文化があっても、日本のようにきっちりと段差があって分かれている玄関ではなくて。どうしても靴を脱いだエリアの床を、靴下で歩く事になってしまうのです。

 

よくあるマンション(我が家)の入り口はこんな感じ。あぁ、やっぱり写真で見るとドアと床と靴箱?の茶色の系統がバラバラなのが落ち着かない…右側の開けっ放しのドアは何かというと、ここが夫が今リモートワークで使っている小さな書斎です。家族の生活空間と離れている場所にあって助かります。小さな空間なのですが、ここに小さめのDeep Freezerも収めています。これを手放せる日は来るのか・・・今回のコロナ騒動で第2波(1波も収まっていませんが・・・)が来る可能性もあり、やがてワクチンが広まって一度は終わったように見えても、またこういう世の中になる可能性もあるかも、と思うと場所を取るけど冷凍庫は貴重(泣)

f:id:rico_log:20200423110036j:image

f:id:rico_log:20200423110250j:image

f:id:rico_log:20200423110323j:image

さて、玄関ですが、こんな感じでキャビワイプとゴム手袋、ゴミ袋を設置して靴底を除菌するエリアを作りました。部屋からは見えないのでちょうどよかったです。車や家の鍵、ドアノブ、スイッチも。

www.ricolog.blog

 

我らがBC州は、今はちょうどカーブを平らに出来ている感じではあるのですが、急に感染者数が増えたりもしていて油断は禁物、という姿勢。このままうまくいったら、規制を緩め、まずは医療崩壊を防ぐために延期になっている命に関わらない手術を5月頃に再開していきたい方向、というニュースを見ました。そうなる日は来るのかな・・・

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村