rico_log

バンクーバーより、夫と幼稚園に通う息子、猫との小さな暮らし

スポンサーリンク

タクシーで登校&アラフォーのお化粧事情

スポンサーリンク

今日は仕事が休みの日で、息子のチェロの練習もして、朝8時10分さぁ学校に送っていこう~と思ったら、アレ?鍵がない(汗)夫が私の鍵まで持って仕事に行ったようです。今から会議があるから鍵を届けに戻れない、と。こちらの高層マンションは、マンションのエントランスの他に、駐車場や自分の部屋の階に行くのにFob Key(センサー)が必要で、学校に送っていこうにも駐車場に辿り着けない。我が家からも学校からもバス停は近くて1本で着くのですが、外は雪、みぞれ、雨。寒そう。しかも大きい傘は車の中。私一人なら身軽でバスですが、子供を混んだバスに乗せたくなくて(風邪気味なので)、朝からタクシーで登校しました。息子はいつもと違う朝ですごく楽しそうでした。運転手さんが、どうせバンクーバーに戻るから、ただで乗せて帰ってくれる、と言って下さりびっくり!お言葉に甘えて、と思ったけれど、息子を教室の近くまで送って時間もかかるし私はバスで。そのまま夫の職場まで鍵を取りに行き、会社がHolt Renfrew(デパート)の前にあるので、ちょうどギフト券を持っていてお買い物をして帰りました。Holt Renfrewは危険危険。他のお店は見えないようにして、必要なアイシャドウだけ買って5分で買い物終了!資生堂のクレ・ド・ポーボーテのオンブルクルールデュオ101番に即決。別売りのケースとアイシャドウで税込み$118でした。

www.cledepeau-beaute.com

今まで愛用していたアイシャドウはシャネルのレ・ベージュのミディアム。買った時は思ったより地味と思ったけど、右下のパールベージュがすごく使いやすくて底をついておりました。

www.chanel.com

恥ずかしいけど、コンパクトを落としたせいで、こんな状態!写真に撮ってみるとびっくり・・・すぐに処分しました。一番濃い色は使いこなせなくて、ブラウンは、もうちょっと濃かったらいいのにな、と思っていたので今回はクレ・ド・ポーボーテ。明日の朝が楽しみです。

 

カナダ在住歴が長い人のあるあるだと思うのですが、数年前までナチュラル系のBBクリーム派でした。それがふとした時に鏡に映った自分の顔、写真を見てびっくり~!アラフォーはさすがにシミが・・・そんな時に、以前はファンデーションは肌の呼吸が出来なくて嫌、みたいな母がバンクーバーに遊びに来てくれた時のこと。あれ、なんか肌がきれいだね?と聞いたら、違うのよ~、シャネルのお化粧品という答えが。我が家は祖母が一番ちゃんとしていて(笑)ばあばのお化粧品を借りたらね、やっぱりいいのよ、と。母がその時使っていたのがル ブランのパウダーファンデーションと、チークもアイシャドウもブラシも、全部シャネルの物。全部借りてみたら、やっぱりいい!その足でファンデーションを買いに行ったところ、その時はルブランはアジア限定で北米では扱っていないと聞いてガッカリ。代わりにレ ベージュのアクアジェルファンデーションを選んだのですが、こちらはアラフォーの肌にはカバー力がまったく足りずダメでした。よい香りだったけど。こちらがなくなったタイミングで別のファンデーションを選んでもらおうと思ったら、その時には北米でもル ブランが発売されるようになっていて、その時からずっとル ブラン。パウダーなのにひと塗りでシミも自然にカバーして、元から肌がきれいな人みたいな印象。同僚になんか今日肌がきれい、アジア人はいいよねと言われ、違うの、ファンデーションなの、という会話をしたっけな(笑)

 

今日は息子を送った帰りにスーパーに寄る予定だったけど、朝からこんな状態で、天候も天候なので家でゆっくりする事に。冷凍しておいた夫作のパイナップルケーキと濃く入れたアッサムティーのミルクティーをお供に、東野圭吾の小説(たぶん古い作品で、言葉遣いが恥ずかしい、笑)窓にポツポツあたる雨音が心地よい。日本語の本は、息子の日本語学校の図書館で借りられるのでとても助かっています。家には夫と私の楽譜だけで本棚が一つあるので、もうこれ以上増やせない・・・

お迎えまでまだ時間があります。嬉しいな~。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村