rico_log

バンクーバーより、夫と幼稚園に通う息子、猫との小さな暮らし

スポンサーリンク

引っ越しの荷造り

スポンサーリンク

www.ricolog.blog

無印のポリエステル綿麻混・ソフトボックス長方形ボックスと衣装ケース大に収納していた羽毛布団と冬物の洋服。↓そのままぴったりと引っ越しのダンボールに収まって、ひとり小躍り。
f:id:rico_log:20200709030613j:image


f:id:rico_log:20200709030623j:image

夫の状況によっては荷造りまで引っ越し屋さんにお願いするようかも、と考えていましたが、大丈夫そうです。再検査(再度biopsy)の可能性もあり予定をたてるのは難しいのですけど。7月末に引っ越しなのですが、息子も大きくなったし、仕事をしていないので荷造りの負担は軽くて助かりました(まだ残っているけど)。3月初めに申し込んでいたサマーキャンプ(子供の学童保育ですね)もキャンセルになり、共働きの家庭の迷走がこんなにも長引くだなんて。収入は減りますが、そのおかげで夫の事にも対応できるし、引っ越しの準備も出来るのはありがたいです。ドタバタというか、オタオタ?しながら6月の半ばに7月末の引っ越し後の掃除の見積もりや予約を取ったのですが、ひとつ頼みたかった会社はもう空きがなかったり、人気の所は早めの予約が必要なようです。綺麗になると信頼はしていない上、オーナーからもリクエストはされていないけど、クリーニング会社に頼んでレシートを見せる事で満足してもらえるかもというのと、私一人で引っ越し後の掃除は新居への移動もあり難しいので頼む事にしました。でも、掃除会社の人はラッキーです。引っ越しの予定もなかったのだけど、3月にコロナで外出自粛になってから大掃除をしていたので(笑)ブラインドや窓、窓枠はピカピカだし、お風呂場もコーキングを取り替えたり、食器棚もオーブンも掃除したし。近所の引っ越しなら、引っ越し後にルンバとブラーバだけで行けたかな、と思います。

 

 

 

 


カナダランキング にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村