rico_log

バンクーバーより、夫と幼稚園に通う息子、猫との小さな暮らし

スポンサーリンク

ロシアから手作りマスク

スポンサーリンク

私はお裁縫がまったくダメ。重い腰を上げて、マスクの縫い方なんかを調べるのですが、読んでも意味がわからない。型紙を見て、縫い方を見ているだけでお腹いっぱい?動画を見るのもいいかもしれないけど。そもそも、お裁縫セットはどこへ行った??私は歯科勤務(コロナ失業中)ですが、もうこちらではすでに1月の終わりから歯科でもマスクが頼めない状態でして。やっと届いたマスクがクリニックに5箱まで、とかで歯科診療停止になった日に買って帰るわけには行かず・・・息子と散歩の時は人に会わないので付けないけど、お店に入る時とか、周りの人へのエチケットとして。もう苦肉の策で、手作りサイトのEtsyで頼んだのはいいのだけど、決済して次のスクリーンに行くと、なんとロシアからだった・・・ひゃー。という話を夫のお母さんとスカイプで話していたら・・・本当にありがたい事に、マスクを作って下さった!それも、午後スカイプで話していて、その後ちゃちゃちゃっと7枚も縫ってその日に届けてくれたという。そして、ロシアからのマスクはというと、本日郵送しましたとのお知らせが。郵便滞っていないんだ。ロシアから手作りマスクを買っちゃった。

 

夫のお母さん作のマスク。サイズもピッタリ。夫と私、息子の3サイズ。コロナ騒ぎで初めて北米にも浸透してきたわけですが、手作り系はバンダナで顔半分隠すイメージの、巨大サイズばかりで。縫わないマスクもバンダナなイメージ。家で作ろうとしている人も多く、最近は髪を結ぶゴムさえ品薄状態・・・本当に助かりました。

f:id:rico_log:20200506033326j:image

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村