rico_log

バンクーバーより、夫と幼稚園に通う息子、猫との小さな暮らし

スポンサーリンク

グランビルアイランド:お勧めのお店

スポンサーリンク

granvilleisland.com

グランビルアイランド内のお店が開き始めるのは10時からですが、パブリックマーケットと呼ばれるエリアは9時から開いています。観光地でもあり、休日は1年を通してわりと混んでいるので、9時頃に行くのがお勧めです。最近はグランビルアイランド内のすべての駐車場が有料になりましたが、11時までは無料。我が家は休日の朝スタートも早めなので、10時ごろには退散する事が多いです。

 

ある土曜日。この日は息子の日本語学校の日で、夫と一緒に送りに行ってそのままグランビルアイランドへ。久しぶりに夫と二人で出かけました。

f:id:rico_log:20191027112654j:plain

 f:id:rico_log:20191027112718j:plain

f:id:rico_log:20191027112737j:plain

f:id:rico_log:20191027112631j:plain

グランビルアイランドで必ず立ち寄るお店が、パブリックマーケット内にある花屋さんのOur Little Flower Company と紅茶屋さんのGranville island Tea Companyです。パブリックマーケットには2つお花屋さんが入っていて、どちらも素敵です。お花屋さんはお花のセレクションももちろんの事、フローリストのセンスが命!

 私はいつも、お花屋さんへは花瓶持参で参上します。せっかく可愛くアレンジしてもらったのに、家に帰って花瓶に入れるとあれ、あれあれ~?!となるのが悲しいので。今日は枝ものが欲しいと言う気分の時は大きな花瓶、シャビーシックな気分な時はアンティークのメイソンジャーなど、その日の気分で。残念ながら、この日はいつもお世話になっているお姉さんがおらず、ほぼ自力でセレクトしたため、すべてが微妙~。秋色あじさいはお店の人の勧めで入れてみたのですが・・・うん、やっぱり何かしっくりこない(汗)店頭でお店の方とアレンジしながら花瓶に入れていきました。拾ってきた松ぼっくりも一緒に。

f:id:rico_log:20191027123834j:plain

もうひとつ必ず立ち寄るお店が、Granville island Tea Company

前回日本に遊びに帰った時は、小さい缶に入れてもらい、お友達用やご近所さんのお土産にしました。

 毎日茶葉で紅茶を飲むので、すぐになくなってしまいます。バンクーバーには美味しい紅茶を売っているお店もたくさんあるのだけど、お値段もそれなり。こちらのお茶屋さんはお財布にも優しいです!毎回買うのがアッサムティーのBorengajuli 100g $8.95となんともびっくりなお値段。濃く入れてミルクティーで毎朝頂いています。デカフェのPeach Apricotも、夜遅くにミルクティーが飲みたい時にぴったりです。

この日はPaper-Ya でCavalliniのポスターも買って帰りました。ここは、大好きなRifle Paper  Coの文房具も置いてありウキウキします。Net Loftという建物にあり、お店が開くのは10時です。

riflepaperco.com

paper-ya.com

www.ricolog.blog

この日は寄りませんでしたが、パブリックマーケット内にあるBon Macaron Patisserieも美味しいです。バンクーバーにはマカロンのお店もたくさんありますが、ここのフルーツ系のマカロンが大好きです。

 

 

カナダ 旅行ブログ・テーマ
カナダ